東京都の旅館業許可取得は難易度高め 事前相談をしっかりする行う必要有り

はじめに

こんにちは、東京深川行政書士事務所です。
弊所は数ある許認可の中でも、旅館業の申請を得意としており、毎日沢山の旅館業関係の相談をいただきます。
旅館業の申請は決して簡単ではなく、特に東京都内での申請は、様々な上乗せ条例があり、難易度が非常に高いです。

今回は、渋谷区を例に、申請の概要を確認していきましょう。

渋谷区旅館業を開業するまでの流れ

渋谷区で旅館業を開業するには、まずは、渋谷区の保健所や消防で事前相談をすることをお勧めします。まずは生活衛生課環境衛生係と、都市整備部住宅政策課へ問い合わせるのが良いでしょう。

部署名は変更となる可能性があるので注意が必要です。

渋谷区において旅館業法に規定する「旅館・ホテル営業」をするため、施設の新築・増築・用途変更をする場合、建築確認や保健所長の営業許可の手続を行う前に、「渋谷区ラブホテル建築規制条例」の規制をクリアするための申請を行う必要があります。

渋谷区では、ラブホテルが犯罪の温床となってきた歴史が、旅館・ホテル新規開業に際して、厳しい規制を設けるに至りました。

その規制をクリアしない施設は全てラブホテルとみなされ、仮に建築確認や旅館業法に適合していても、不可とされてしまいます。

旅館業許可申請までの流れは、大きく以下の通りです。

1 ホテル等の建築・用途変更工事等の計画

2 標識の掲示

3 説明会の開催、結果報告

4 ホテル等建築同意申請

5 ホテル等建築審議会(意見聴取)の開催

6 ホテル等建築同意通知書の交付

7 旅館業法・許可申請等手続き

物件によっては、条例に適合させるために、かなり大規模な改築工事を要するものとなります。

ラブホテル建築規制条例における上乗せ要件として、特に厳しいものは、以下の通りです。

フロント及びロビー等の設備

保健所の旅館業要件では、ビデオカメラなどの代替要件を認めてはいるが、ラブホテル条例が上乗せされるため、結果として必要となります。

玄関からフロント設備が見通せる作りになっていることが必要なうえ、原則として常時人がいる必要があります。

また、フロント等のほか、事由に利用できるロビー、会議室、食堂、レストラン等の設備が必要となる場合があります。

計画の公開

申請者は、ホテルの建築計画について、その計画敷地から周囲200mの範囲内の住民に対して、説明会の開催が必要になります。

従来の旅館業申請においては、範囲10メートルから50メートルが大半ですが、本条例において上乗せされる範囲は桁違いのものといえます。

渋谷区民は、宿泊施設に関する意識・関心が高いうえ、集合住宅も多く、周囲を納得さるのは困難を伴うものとります。

更に近年は、インバウンド需要があり、海外からの宿泊客が夜中でもホテル周囲において大声で騒ぐ等に対する苦情が渋谷区の方にも多々寄せられており、忌避感が強まっている現状がある。

この説明をいかに丁寧かつ粘り強くやっていくかが重要となります。

まとめ

初めて旅館業の申請をされる方は、本記事が何を言っているのか、あまりピンとこないかもしれませんが、民泊や旅館業の申請を経験され方は、渋谷区で旅館業を行うことがとてもハードルが高いことがお分かりいただけるかと思います。

大きなポイントとしては、ラブホテル建築規制条例に加えて、旅館業法、条例、規則等様々なハードルがあります。

加えて難しいとされるのが、行政だけでなく、付近住民の理解も要件なる点です。

渋谷区で旅館業を始める場合、相当業界に詳しくないと、新規参入は難しいと考えた方が良いでしょう。

隣の新宿区は、住民説明等も立札掲示のみでよく、そもそもラブホテル建築規制条例等の縛りは無いので、正直別世界です。

このように、旅館業は、開業する場所によって難易度が全く異なります。

この辺りの知識は、旅館業の申請に慣れた行政書士でないとわからないため、旅館業の開業を検討されている方は、旅館業の申請に慣れた行政書士に相談されることをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました
LINELINE