Archives

飲食店を開業したい!保健所での手続きとは?

こんにちは。行政書士の中田 茉以子です。 参入障壁が低く、料理の腕一本で勝負でき、生活に必須のお店といえば、真っ先に思い浮かぶのは「飲食店」ではないでしょうか。 飲食店を開業する際には、必ず都道府県知事又は政令市・中核市の市長の許可を得なけ...

今話題のマイクロ法人とは?設立方法をプロが解説します!

こんにちは。行政書士の森 浩之です。 「マイクロ法人」という言葉を聞いたことはありませんか? マイクロ法人とは、従業員を雇わず会社の代表が一人で経営する会社のことで、これまで個人事業主として活動されてきた方、FIRE(Financial I...

景品表示法 年中セールは要注意!?

近年、店頭に「20%引き」「半額」と大きくアピールする小売店が増えてきたように思います。お店のスタッフに聞いてみると、定価ではなく、割引価格で取引する件数の方が、多いとのことでした。 チラシ、クーポン、割引デー、曜日セール、DMと絶え間なく...

企業法務とは?行政書士がサポートできます!

こんにちは。行政書士の白井 豪祐です。 本コラムをご覧の方の中には、企業法務に携わっていらっしゃる方もいらっしゃるもしれません。 その名のとおり、企業法務とは企業に関する法律事務を指し、規模の大きい企業では「法務部」、規模の小さい企業では「...

官公署の本庁と出先の関係、書類を提出するときのポイントは?

こんにちは。行政書士の菅拓哉です。 「事件は会議室で起きているんじゃない!現場で起きているんだ!」というのは、「踊る大捜査線」の名セリフです。 警視庁湾岸署刑事課強行犯係係長の青島俊作が警察庁長官官房審議官の室井慎次に投げかけたこの言葉です...

行政書士にお世話になった体験談

こんにちは。行政書士の中田 茉以子です。 行政書士は、個人や法人の皆様から依頼を受けて、会社設立や店舗開業など、許認可に関する公的書類の作成や官公署への申請を代行しています。 つまり、必然的に官公署の職員である公務員と頻繁に接することになり...

行政書士になるには?

こんにちは。行政書士の菅拓哉です。 個人や法人から依頼を受けて、会社設立や店舗開業など、許認可に関する公的書類の作成や官公署への申請を代行するとともに、身近な書類の作成や相談に応じる「街の法律家」とも呼ばれる行政書士。 行政書士になるには、...

行政書士の仕事とは?

こんにちは、薬剤師・行政書士の森浩之です。私は、薬剤師として勤務した後、行政書士登録を行いました。主に薬局開設や道路関係に関する許認可を得意としております。 行政書士は、個人又は法人から依頼を受けて、会社設立や店舗開業など、許認可に関する公...

民泊を開業しよう!

こんにちは、行政書士の白井豪祐です。 外国人旅行客が徐々に増えるようになり、東京近郊の宿泊施設は予約が取りづらくなりました。 東京近郊地域は、観光需要に対して客室数が多いとは言い難く、宿泊価格が高騰しています。このような中、今後も需要が伸び...

知っておきたい「死後事務委任」

こんにちは、行政書士の菅拓哉です。 人が亡くなったとき、その後にしなければならない手続きは意外と多く、なおかつ手間も相当にかかります。 例えば、葬儀から納骨に至る一連の手続に始まり、医療費や公共料金の支払い、年金受給の停止、遺品整理等が挙げ...
タイトルとURLをコピーしました
LINELINE